日本名作文学朗読シリーズ一覧

太宰治「ヴィヨンの妻」

飲んだくれの詩人を夫に持つ妻を語り手にして、男の異常なまでの日常を巧みに描いた作品で、昭和22年に発表された太宰の代表作の一つとされている。...

永井荷風「踊子」

所謂堅気ではない女性を描いて一世を風靡した永井荷風の典型的な作品の一つ。荷風は昭和10年頃から浅草に通い六区の劇場に入り浸っていたといわれて...

夏目漱石「夢十夜」

「こんな夢を見た」と云う始まりで書かれた十の短編を集めたもので、如何にも漱石らしい自由な発想から一つ一つが全く違った物語になっている。「生と...

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」

主人公の少年ジョバンニが親友のカンパネルラと一緒に汽車に乗って、幻想の天上を旅する、云ってみれば一種の臨死体験が描かれています。そして、作品...